Parce que je...

お出かけの記録が中心

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

BlogPeople

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ほほう、それでそれで

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

朝日と輝く国の名負いて 

090830a.jpg
 藤沢市にある日本大学生物資源学部を訪問。交流会で仲良くなった、同じ専攻を研究する友人を訪ねてきました。日本大学は全国各地にキャンパスを有しており、運営について学部ごとに独立採算制を採っているため、まるで大学の本部があるのではと勘違いするくらい、スケールの大きいキャンパスです。

 夏休み中でしたが、自然科学系の学部ということもあって、学生の姿もちらほら見ることができました。緑も多いので、散歩をするのにも気持ち良さそうです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
大学生活  :  trackback 0   :  comment 0  : 

友人の農場 

090821a.jpg
 地元では、高校時代の友人の農場を拝見させていただきました。大学入学まではこの地に住んでいたとはいえ、このような形で見るのは初めて。大学での研究では主に中山間地域を訪れることが多く、日本の農業の多様性が実感できます。

 ちなみに、彼の耕作面積は米・麦・菜種などで計40ha超。借り受けている土地もあるようですが、アメリカ型の農場を彷彿とさせる大型農機の数々が耕作規模の大きさを物語っています。いやー、北海道の農家ってこんな感じなんですね。
-- 続きを読む --

神威岬 

090820a.jpg
 徳島からそのまま羽田経由で北海道へ。何度か徳島には行っているのですが、初めてこの路線でマグドネルダグラス社製の飛行機に乗りました。きっとJASが所有していた飛行機なんでしょうね。

 さて、北海道滞在中は積丹町の神威岬まで出かけてきました。北海道を代表する観光地の一つなのですが、この日は初めて訪問。断崖絶壁に万里の長城のような遊歩道が設置されており、30分ほど歩くと雄大な風景が待っていました。
-- 続きを読む --

修論の現地調査に 

090817a.jpg
 今月初旬、修士論文の現地調査として徳島県の3つの町と村を回ってきました。そのうちの1つは既に何度か訪れており、今回は周辺自治体との比較という意味合いで訪問しました。

 上の画像でもわかるように、この村の家はバラバラに、そして山の上へと建っています。我々がイメージする典型的な農村は、家が密集していてその周りに農地が広がる――という姿を想像してしまいますが、山あいになればなるほどそうした恵まれた条件であるケースは少なく、林業などの山仕事がメインになる場合もあり、集落が複雑に形成されていくわけです。
-- 続きを読む --

ダイアモンドターン 

090816a.jpg

 大井競馬場にはビュッフェが楽しめる指定席・ダイアモンドターンというのががあります。このたび、私が競馬好きということで、大学院の暑気払いがこのダイアモンドターンを会場として開催されました。

 ちなみに、席料は5,000円/1人。通常の指定席が最大でも3,000円なので、やや高めの感じもしますが、食べ放題も付くと考えれば妥当な金額でしょう。しかも開門が14:30で最終レースが21時過ぎなので、昼食と夕食の2食をここで済ませるという計画もできそうです。

 さて、肝心の競馬のほうはさっぱりダメでした。私はいつものように穴狙いでことごとく外し、競馬初心者である院生の皆さまは3連単の一点買いなど到底当たりそうもない組み合わせばかりで、結局最後までまともに取った人がいませんでした。

-- 続きを読む --
競馬  :  trackback 0   :  comment 0  : 

私の机 

090803.jpg

 研究室の私の机です。この画像を見るととてもよく勉強しているような感じがしますが、本棚の書籍類の半分くらいは未だに完読していません。

 明日から修論の現地調査に行ってきます。東京は今週晴れ間が見えるようですが、調査地の天気は滞在中ずっと雨マーク。呪われているとしか言いようがありません。
大学生活  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。