Parce que je...

お出かけの記録が中心

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

BlogPeople

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ほほう、それでそれで

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

中山間地域の今 

0310a.jpg

 大分県のある中山間地域を訪れました。地区全体が急峻な斜面に挟まれており(あるいは斜面上にあり)、市街地からもクルマで30分と、かなり奥まった場所です。そのため、傾斜も大きく生産条件は非常に悪いのですが、棚田の景観が目を楽しませてくれます。

 また、非常に地域の結びつきが良好な地区で、集落の全戸が加入した地域活性化を図る組織も結成されています。この組織は、大学生との交流や、百貨店での店頭販売、大分市内の団地で行われる夏祭りへの参加等、地域外住民との活発な交流という点では先進事例でもありますが、進む高齢化による集落機能の維持が心配されました。

 なお、集落機能の維持が困難になる限界集落のうち、2,000以上が今後消滅に向かうと試算されています。集落が無くなってしまえば、こうした棚田の景観はもちろん、人々の営みが消えることも意味しているのです。また、中山間地域直接支払制度は現場では有効に使われているとはいえ、全ての中山間地域の集落に補助金が支給されているわけではありません。抜本的な解決策を考えなくてはいけないのでしょうね。

 
0310b.jpg

 ゼミの先生に同行したこともあり、相当なもてなしをしていただきました。ゆず胡椒の風味が広がったイノシシ肉のお味噌汁は絶品。イノシシ初体験でしたが、美味しかったー。目も舌も楽しんだひと時でした。

 小さな村だと人間関係も良好で、地域もまとまりやすいと思われるかもしれませんが、農村では一人一人の意見が非常に大きく影響します。この地域でも意見の食い違い等が起こったことがあるそうですが、地域活性という一つの目標に向かって組織が結成され実際に活動が行われており、勉強する部分が多そうです。


両合棚田
大分県宇佐市院内町大字小平

コメント

ほぉ~、本物の棚田ってこんな感じなのね~v-219
棚田って主に・・・何を栽培してるんだっけ?(爆)一段が狭いと、全部手作業になるのかしらん?

イノシシってどーよ!?トドとアザラシ入れてランキングして。

農家の人と付き合ったことあるけど、大変でしたよ(遠い目)
集落の付き合いってのがしょっちゅうで。良くも悪くも隠し事できないし。
2008.03.10 Mon 22:52 : URL : えあきち #- : 編集 :

棚田は「田」だからお米ですよ!!
斜面だし田んぼ1枚あたりの面積が小さいので、機械が入れないところも多いです。

イノシシは若干硬かったかな・・・。
トドカレーは食べたことあるけど、アザラシなんてどこで食えるんだ(笑)

いやー、農家は大変ですよ。
集落の集まりとか面倒くさいなーって思うこともあるんだろうし。
隠し事っていうか、閉鎖的な空間って思われがちなんだと思う。
コミュニティってのはどこもそんなもんなんだろうけど。
2008.03.15 Sat 22:58 : URL : 管理者 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kumomegu.blog119.fc2.com/tb.php/34-7619c5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。